スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDレコーダーの日々

従来の録画メディアの主流はビデオテープであった。
小学生のころは、あたりまえにVHSデッキがあって、あたりまえにVHSテープが棚にあって、レンタルビデオ屋もビデオテープ一色だった。
米子市のデオデオの2Fにビデオ屋があって、そこから『遊☆戯☆王』(声優が緒方恵美のほうだ)や『デジモンアドベンチャー』のVHSテープを借りて観た。

21世紀になり、DVDというツールが出てきたのがわかった。例えばプレイステーション2のソフトは「DVD-ROM」であった。周知の通り、PS2にはDVD再生機能がついた。俺はおそらく2002年の正月にお年玉でPS2を買ってもらった。ファミ通にだまされて、『グランツーリスモコンセプト2001 TOKYO』というソフトを同時購入した。(ひどいゲームだった。SCEはソフトに関してはぼったくりだ。)

とにもかくにも、メディアの選択肢にDVDが増えた。ビデオテープも健在だった。『カレイドスター 新たなる翼』は、VHSテープに録画した。キッズステーションの再放送で全話を録画した時もテープを使っていた。
高校に入る頃には、あたりまえに「HDDレコーダー」があった。メーカーはどこだっけ。もう何年もふるさとに帰っていない。まだあのHDDレコーダーは健在だろう。

単刀直入に言って、HDDには、ビデオデッキのような「ドキドキ・ワクワク」がなかった。
そうだ、わかってくれるか、ビデオテープを再生口に突っ込む時のあのドキドキ感だ。
俺は、最後のアナログ世代らしい。
大容量に保存でき、ワンタッチで再生できるHDDはたしかに便利だった。しかし便利さは、ひとびとから遊び、娯楽、高揚を失わせた。

おれのマンションの部屋には、あたりまえにAQUOSレコーダーがある。これは今から7年前に、自分のちからで勝ち取った商品だ(いずれ書こう)。でも、まるで典型的なSF映画の筋書きのように、俺は10年前(高校時代)からHDDという機械に翻弄され続けているのだ。
形がないメディア・ソースにおどらされているのだ。

わたしの録画機事情について話すと、際限なく長くなる。
でも、折にふれて録画事情については書いていかないとな。
俺はアニメ以上に、メディアが好きだから。

『ストリートファイターⅡV』

検索したら『ストリートファイターⅡV』と『魔法騎士レイアース』の放映時期がかぶっていた。19:00からストリートファイター、19:30からレイアースだったそうな。因みに20時からの番組は、もちろん『世界まる見え! テレビ特捜部』である。

格闘ゲームブーム、それに伴う格闘アニメブームというものが確かにあった。1994年に劇場版『ストリートファイターⅡ』が上映され、リュウやケン、春麗のコスプレをした若者が劇場にいる姿がさかんにマスコミで報道されていた。
その流れを汲んでTV版『ストリートファイター』が作られた。いま調べてわかったことだが、劇場版の監督も杉井ギサブローだったそうな。当然、リアルタイムでは、超ベテラン監督が最新のテレビゲーム原作アニメを制作しているなんて思いもしなかったけど。

ストリートファイターブームからは間接的な影響を受けた。ゲームは、確かに流行っていたけれど、年端もいかぬ幼児には難しすぎる。それに僕が育った郡部の町にゲーセンなどあるわけなかった。
ストリートファイターの情報は、「コロコロコミック」の4コマ漫画から得ていた。正式タイトルは、なんだっけ。同世代でそういう男は多いはずだ。漫画作品で、間接的に情報を得る。
原作現物には触れないけど、この国なら、豊富なマスメディアで原作に間接的にアタッチメントできる。

とにかく、ストリートファイターのキャラクターは、あらかた知っていた。
鮮明に覚えているのは、ストリートファイターのアニメが始まるのが異常に楽しみだったことだ。
憧れている流行の趣味が、公共の電波で毎週流れる。しかもアニメで!
毎週テレビでリュウやケンに会えるというのは、大事だ。毎週テレビで劇場映画が観られるようなものだ。前年の映画版ストⅡの文脈もあったし――
まるで、『ウルトラQ』が始まった時、当時の小学生が、
「毎週テレビで怪獣が観られるなんて、こんなに嬉しいことはない」
って思っていたように。
(初期ウルトラシリーズの頃はメディアが発達していなかったので「毎週TVで観られる」というのがとみに重要だったのだ)

肝心のTVアニメ『ストリートファイターⅡV』の内容は、まったく覚えていない。
後番の『バケツでごはん』のほうの記憶が濃いくらい、内容を覚えていない。
オープニング映像が、とにかく「黒かった」のを覚えている(あとから観返すと、リュウとケンが並んで走っているカットをひたすら流用し、黒バックに白色のスタッフクレジットでつなぐという、虫プロ出身監督作品らしい? OP演出だった。いわゆる「ホモホモしいOP」である。OP担当は杉井監督ではなかった気がする)。
あと、ケン役が羽賀研二だったのは、知っていた。当時の羽賀研二は、飛ぶ鳥を落とす勢いだったと記憶している。スターだった。それも長くは続かなかった。栄枯盛衰。しかし、ケンの演技は、今見返しても素人声優とは思えないほど上手い。

「俺たちの戦いはこれからだ!」的な最終回だったのは、おぼろげに覚えている。
あのころ(小学校低学年)が、YTV管轄月曜19時台枠(諏訪プロデューサー枠)をいちばん観ていた。

森久保祥太郎

『プリティーリズム』や『ペルソナ4』を観ていて思うのだ、森久保祥太郎、健在だなと。息が長いな、と。おれの原風景に、ミニ四ファイターがいる。森久保祥太郎とともに歩んできた。

森久保祥太郎のデビュー作が『爆走兄弟レッツ&ゴー!』であること、いまどれだけのファンが知っているのだろうか。レッツ&ゴーは1996年の1月スタート、改編期と改編期のあいだである。新年一発目のアニメがこれだったわけだ。
96年の正月に、「ミニ四ファイター」で森久保祥太郎は声優としての人生を始めさせた。どうやらレッツ&ゴーの第1話でいちばんさいしょに喋るのがミニ四ファイターらしい。そうだった気もする(だれか映像で確認して下さい)。

爆走兄弟レッツ&ゴーは、おれがアニメオタクになるきっかけの作品なので、この作品がデビュー作の森久保祥太郎とともに、おれはおれの道を歩んできたということになる。

魔術士オーフェン。
オーフェン役が森久保祥太郎なのだ。
(ヒロインが飯塚雅弓だったっけ)
真・女神転生デビチル。
主人公の甲斐セツナ役が森久保祥太郎なのだ。

TBSとキッズステーションはつながりが深いので、キッズステーションでさかんにTBS系列のアニメ番組が「下りてきて」、それで、過疎地域でははじめてこの番組が観られる! ということが何度かあった。
この時期はTBS系列と森久保祥太郎のつながりが深かったのか(時の運だ)、『オーフェン』『オーフェンRevenge』『デビチル』などTBS系アニメで主役を張ることが何度かあり、おれはそれらのアニメをキッズステーションで遅れて観ていた・・・・・・。

また小学館、というよりも「コロコロコミック」とのつながりが深く、おはスタでレギュラーだったり、ハイパーヨーヨーのアニメ、ビーダマンのアニメにも、メインで出演していた、ようだ。
「ようだ」というのは、そもそも山陰地方でおはスタは観れないし、当然おはスタ内アニメの『超速スピナー』『爆球連発! スーパービーダマン』も観ることができなかった。
言わばハイパーヨーヨーやファイティングフェニックスをひたすら弄るしかなかった。
だから、ミニ四ファイター・森久保の記憶が、かすかにあるだけだ。

2000年代に入り、深夜アニメが増え、おれも声変わりした。
そうか、『東京アンダーグラウンド』の華秦って、森久保祥太郎だったのか。
でも、これは、夕方アニメ。

2003年の『魔探偵ロキラグナロク』。
当時はBSジャパンで観ることができず、昨年のテレ玉の再放送でようやく観られた。
森久保祥太郎がいた。
当時から、アニメに、森久保の痕跡が残っている。
10年来の時を経て、繭良と会えたのが嬉しかったけど、意外といまと声優が変わらない。(まぁ今だったらロキは渕崎さんじゃないだろう)
その当時から、中原麻衣とラジオを演っていたと思う。

奈良シカマルや茂野吾郎といったみんなが知っているようなキャラには縁がなかった。
『カードファイト!! ヴァンガード』を観ていて、まだいるのか、と思った。
どこまでも声優に対し礼儀がないヤツだ。
森久保祥太郎は三和くんという櫂トシキの友達を演じていた。
すでに2011年になっていた。

しかし、2010年代になって、森久保祥太郎の第2黄金期が到来した気がしてならないのである。
ヴァンガード立ち上げと同年の『ペルソナ4』でもレギュラーだった。
ゆとり世代のアニオタには馴染み深い声が還ってきた。
少女アニメ『プリティーリズム レインボーライブ』のDJ・COO役でレギュラー出演、存在感があった。
出演作品数も増えている。

存在感。
そうだ。
森久保祥太郎の声に、異様な存在感がある気がしてならないのだ。
おれにとって森久保祥太郎の出演はアニメ作品に「厚み」と「安心さ」を加える。
うまく形容できていないだろうか?
ともかく、森久保祥太郎が出演するアニメがおしなべて良作になるというジンクスが存在する気がしてならないのだ。

『バケツでごはん』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%B1%E3%83%84%E3%81%A7%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93

たくさんの人でにぎわう上野原動物園。その動物達は実は地下鉄で通勤しており、お客さんを喜ばせるためのエンターテイナーとして勤務していた。人間社会には秘密裏に形成されている動物たちの世界の中で、人間社会と変わらない恋愛や動物関係が繰り広げられる。



ふむ。
たしかに、動物園の動物が会社員的な存在という仕掛けだった記憶がある。
動物たちがいる楽屋の風景が描写されていた記憶がある。

放送開始は1996年1月。
同時期に始まったテレビアニメに『名探偵コナン』や『爆走兄弟レッツ&ゴー!』があったはずだ。
おれは名探偵コナンはあまり真剣に観ていなかったが、この『バケツでごはん』というアニメは真剣に観ていた記憶がある。
なぜだろう?
先述の「動物園の動物が会社員的な存在」(半・ブラックユーモア)という要素が子供の気に入ったのだろう。
純粋なお子様向け動物アニメや、『どうぶつ奇想天外!』みたいな動物バラエティ番組では満足できない世代だったのだ。
これは青年漫画のアニメ化。もちろん、ゴールデン放送向けにリファインされている。この当時はそういうアニメが多かった。たとえリファインされていたとしても、原作の毒気を完全に抜かせることは難しかったはずだ。

それにしても、大学生になってこのアニメの制作スタジオがマジックバスであることを知った時、ちょっと驚いた。
というのはマジックバスのようなお世辞にも制作体力が高いとはいえない会社が作ったような出来栄えには見えないほど、当時面白かったからだ。
『コボちゃん』の制作がエイケンだったのも、意外だった(考えてみればコボちゃんを作っていたのがエイケンというのはごく自然に受け入れられそうな気もするけれど)。
たぶん、おれのほうでマジックバスや出崎哲、四分一さんたちに間違った先入観があって、いまも見くびっている部分があるんだろう。良くねぇ。

とにもかくにも幼児だったおれのお気に入りは青年漫画を子供向けにマイルドに加工「しようとした」G帯TVアニメだった。

『名探偵コナン』

青山剛昌の出身地は、おれと同じ鳥取県だ。ただし彼の出身地は旧大栄町(現・北栄町)であり、西部の人間だったおれとは少し文化的な隔たりがある。くだんの記念館にも、一度も行ったことがない。

鳥取県出身の漫画家やアニメ関係者には、有名人が比較的多い。地元作家ということで、おれの小学校の図書室には初期の『名探偵コナン』が置いてあった。1巻から9巻までだったと思う。アニメ放映開始(1996年)当時は、まだ始まったばかりの原作だった。『金田一少年の事件簿』のあとを追った(ただし青山は昔からミステリー読みだった)サンデーの推理漫画という印象が強かった、が、人気はあったし得体のしれない「国民的作品になるかもしれない・・・・・・」という感触はあった。

2000年代に入ってからの原作はほとんど知らないが、連載初期の作品には猟奇的な描写が多かった。だいいち第1話の「ジェットコースター殺人事件」だって、ピアノ線でジェットコースターに乗っている被害者の首を切断するトリックである。いまこうやって書いていても、寒気がする。第1巻を読んだ人ならば被害者の頭部がない上半身を思い出せるだろう。

『金田一少年の事件簿』も大概だが、5巻(だっけ?)の事件もグロかったし、2巻のある女性犯人が出てくる事件もまったく救いようがないオチだったし、到底ファミリー向けするような作品ではなかった。ただし、その2巻の救いようがない某エピソードは、アニメ版において救いがあるように改変されていた。ゴールデンタイムの番組なのでマイルドにしたのであろう。

ただ、偶然にもそのエピソードをリアルタイムで観ていた小学校低学年のおれは、原作版の結末を知っていたので、マイルドに改変されたアニメの結末を見て、「漫画どおりやってほしかったのに」と落胆していた。なんにも知らなかったので、グロテスクな描写や悲しい結末に物怖じしなかった。

名探偵コナンは、かつて月曜19時30分スタートだった。やがて19時スタートの枠で『金田一少年の事件簿』がくっついた。出版社の垣根を超えた企画である。しかしそのころには興味が別の番組に移っていた気がする。ただしその翌年(1998)の劇場第2作『14番目の標的(ターゲット)』には深い思い入れがある。この映画については日を改めて語りたいと思う。

(つづく)
プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1706位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。