スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そういうところまで来てしまったんだ」

以前「限られた視力の中で」という記事で、視力の悪化のせいで1日に観られるアニメの量が限られている、というような話をしたが、依然としておれの眼の状態は最悪である。外に出ると、「眼歛痙攣」というのか? 元々持っているドライアイのせいなのか? 眼がチカチカしてまともに開けていられないということがある。本を読んだり、ネットをしたり、アニメを観たり、テレビを観たり、おれの趣味は眼を使うものが多いので、眼の状態が最悪なのは由々しき事態ではある。

以前、とあるアニメの放送中に、眼精疲労と肩こりが限界に来て、布団に寝っ転がってしまったことがあった。テレビはそのまま点けていたので、音声だけ聞いていたのである。それでも話の筋ぐらいはわかる。耳でアニメを聴く。耳でアニメを受容するということが、どの程度までアニメを受容していることになるのか。

そこまでしてアニメにすがりつきたいか? という心の声も、時折はおれの中で聞こえてくる。布団に寝っ転がりながらもアニメに耳だけですがりつく。音声だけ聴くという手段を選んでまでアニメにすがりつく。「それほどおまえにとってアニメは切実なのか?」そういう心の声に、おれは応える。「もう、アニメから離れることなんてできないよ。おれはそういうところまで来てしまったんだ。」
おれはもうアニメを観るという習俗から逃れられないのだ。アニメと添い遂げ、死んでいくしかないのだ。制作側に回ろうなんて、つゆも思わない。アニメを観続け、「アニメオタク」の烙印を押され、抑圧され続ける。そういう星の運行の下におれはいる。最早、アニメを観るという行為に責任すら感じている--

ならば眼科に行って、眼を診てもらおうじゃないか。TSUTAYAに行って、次なるアニメ『ぎんぎつね』のDVDを借りて来ようじゃないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
6418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2314位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。