スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆

今回から何回かに分けて「ホビー」の流行り廃りの話をしようと思う。

1996年頃のミニ四駆の流行りは、社会現象と呼んでいいものだったのではないだろうか。最近では妖怪ウォッチが大流行している。ちょうどあんなふうに、ミニ四駆は急激に小学生の間でブームになっていたのだ。

「ホビー」の流行り廃りは、その「ホビー」を推奨している雑誌の掲載作品と連動する。「コロコロコミック」のミニ四駆漫画は、当然、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』だった。『レッツ&ゴー』の作品内に登場するミニ四駆と連動するように、そのミニ四駆が次々と発売され、後追い同時買い構わずおれたちは次々と購入していった。

そういえば思い出すことがある。プロトセイバーJBというミニ四駆があった。これはJという『レッツ&ゴー』の登場人物が所持していたミニ四駆で、たしかおれが最初か2つめぐらいに作ったミニ四駆だったと思う。喜び勇んで、いざ、プロトセイバーJBをおれは走らせようとした。ところがその走行を始めたプロトセイバーは、冷蔵庫の下に突っ込んで破壊されてしまったのだ・・・・・・。

それから思い出すこと。トライダガーXというミニ四駆があった。これは鷹羽リョウという『レッツ&ゴー』の登場人物が所持していたミニ四駆で、作中で印象的な散り方をしたミニ四駆だった。おれはトライダガーXを買ってもらって、自分の手で説明書通り作ったのだが、なんとその翌朝そのトライダガーが綺麗に「肉抜き」されていた。「肉抜き」とは車体の一部を削りとって空気抵抗を軽くする、デコレーションと実利を兼ねた改造技術だ。驚いたのは、その「肉抜き」をやってのけたのがおれの親父であったことだ。


思えば、ビクトリーマグナムがブロッケンGに破壊され、サイクロンマグナムが誕生するまでが、ミニ四駆ブームの最盛期だったような気がする。ビクトリーマグナムとバンガードソニックはミニ四駆の象徴だった。『レッツ&ゴー』は星馬兄弟の話なのだが、ミニ四駆と『レッツ&ゴー』の話をするときは、弟の星馬豪を主軸にして語らないと気がすまない。なぜか? そしてミニ四駆ブームはなぜ急速にしぼんでいったのだろうか? その理由を解き明かすことにもチャレンジしなければならない。

星馬豪のことは『レッツ&ゴー』についての記事で話すとして、次に書くべきは、ミニ四駆ブームがなぜ急速にしぼんでいったのか、そのキッカケを探ることだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5873位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2178位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。