スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最古の記憶 A:『少年アシベ』

このところアニメ外のことに関する文章をずっと書いていたので、たまには(!?)アニメについても書いてみたいと思う。

最古の記憶のアニメはなにか、という話をしたい。

むかし、某同人誌に、「一番古い記憶のアニメは『少年アシベ』の再放送。」と書いたことがある。そしておれのむかしのTwitterの名前は、「最古の記憶は『おばけのホーリー』」であった。

ならば、おれの記憶は、ないまぜになっているのだろうか。違う。『少年アシベ』『クレヨンしんちゃん』のような青年漫画キッズ用リファインアニメと、『おばけのホーリー』『チロリン村物語』『ポコニャン!』のようなNHK製作純正教育アニメは、並行しておれの中を、ふたつの鉄道路線みたいに走っていた。つまり、『少年アシベ』のようなアニメと『おばけのホーリー』のようなアニメは別枠の存在だったのだ。
だから、胸を張って、「初めて観たアニメは『少年アシベ』の再放送」とも、「最古の記憶は『おばけのホーリー』」とも、言うことができるのである。


まず、『少年アシベ』の話からしたい。

『少年アシベ』の原作はヤングジャンプ連載の4コマ漫画、アニメは当初TBS系列で木曜19時台つまりゴールデンタイムの放送だったようだ。放映開始は1991年。1991年の記憶なんて、3歳児だったおれにはこれっぽっちも無い。つまりやはりおれは『少年アシベ』を再放送で観たのであろう。続編の『少年アシベ2』もあるが、おそらく観たのは一期の再放送。
『少年アシベ』は、「夏の定番」の二つ名で知られているアニメ。夏休みに何度も再放送されたことで定着したと言われているアニメ。しかも特筆は、関東ローカルということもなく全国域で再放送されたらしいということだ。JNNは、最も古い民放のテレビネットワーク。その強みを活かし、TBS系の電波を通して、ゴマちゃんの鳴き声が浸透した。

そうだ。『少年アシベ』はBSSで再放送を視聴したはずだおれは。おそらく山陰地方では、BSS山陰地方でいちばん子ども向けのアニメが充実していた。とくに夕方枠。テレ朝系列から『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、テレ東系列から『爆走兄弟レッツ&ゴー!』『ポケットモンスター』を買い取っていた。TBS製作土曜17時台放映のアニメ(『逮捕しちゃうぞ』『コジコジ』)も結構放送してくれた気がする。

『少年アシベ』に話を戻すと、いちばん記憶に残っているのは、やはり主演のアシベ、ゴマちゃんの声だと思う。声優。坂本千夏と、こおろぎさとみ。

こおろぎさとみのゴマちゃんに強烈なインパクトがあったのは、言うまでもない。こおろぎさとみはおれたちの世代がまず初めに意識した擬音系声優だった。
思えば『母をたずねて三千里』のアメデオに声優は設定されていなかったし、『あらいぐまラスカル』で野沢雅子がラスカルを演じるのも、『少年アシベ』からたった14年前の話だ。

そして鮮烈に印象に残っているのが、アシベ役坂本千夏(ちか)の少年ボイスだ。同時期に、例によって『となりのトトロ』のビデオを親に見せられていた(地上波の一度目か二度目の放映分の録画だったと思う)。言うまでもなく、メイ役で坂本千夏が出ていた。だがしかし当時のおれは、メイとアシベを同一人物と認識していなかった。メイは女の子。でも、アシベは男の子。そしてアシベの怪獣みたいな少年声を強烈に意識した。

やはり、メイ・アシベ、後年にはアグモンだったり、坂本千夏はおれの心の原風景に大きな位置を占めている声優なのだと思う。
野沢雅子よりも大山のぶ代よりも田中真弓よりも、誰より坂本千夏(ちか)さんがおれにとって声優の第一人者だった。
(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1834位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。