スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれが育った場所

おれが育ったのは、鳥取県の片田舎だ。西部の、大山(だいせん)に近い、まわりを山と緑、川に囲まれた、田舎町だ。

いまでこそそういった恵まれた自然を有難く思えるのだが、子供の頃はそんな環境をむしろ鬱陶しく感じていた。テレビもラジオもある。だがしかし民放テレビは3局しかなく、テレ東系どころかテレ朝系も映らない。民放ラジオもAMとFMが1局ずつ。
冷静に考えれば日本全体を見渡してみるとそれは普通の待遇なのだが、「キッズステーション」「アニマックス」や「BSジャパン」、夜しか電波が届かない「文化放送」や「ニッポン放送」に必死にかじりついていたおれは、はやくこんな土地抜けだして東京に行きたかった。

歳を取ると郷愁にかられるのだろう。田舎が恋しくなる。幼少時の風景を書き留めるたび、こころが豊かになっていく。

小学校を卒業するまで、祖父の家に居候していた。祖父の家の2Fで寝起きしていた。食事は、1Fで叔父を含めた家族6人で食っていた。叔父はおれの一家では珍しく文化に造詣が深く、ギターを弾いたり、写真が上手かったり、古い映画のコレクターだったりした(わざわざ上京して過去の「キネマ旬報」を収集していたのだ)。今思えば叔父ともっと口を聞いていればよかった。

前に書いたと思うが、おれは極普通の男子小学生だった。漫画とゲームが好きな子供だった。「ミニ四駆」「ポケモン」「遊☆戯☆王カード」その時々のブームに流れていた。
親父はおれをスポーツマンに育てたかったらしく、熱心に水泳に通わせた。おれを友達と遊ばせるのにあまり積極的でなかったらしい。そういえば最近「お父さんには仕事の友達がいない」と話していた。おれの両親の仕事は小学校教師だ。
とにかく友達と遊んでいる最中にプールに水泳の練習に連れて行かれるということが多かったので、それがちょっと嫌だった。

そのせいで、身体を動かすのがいやになり、中学1年まで通っていた米子の某スイミングクラブから逃亡し、中学2年のちょうど今頃(6月か7月)にとうとうグレてしまい、陸上部をやめたどころか学校の授業自体をボイコットした。ただ保健室には来ていた。保健室で寝たりマンガを読んだり元顧問と五目並べをしたり、そんな日々が年末まで続いた。

つまりおれは、14歳のころ、すでに人生の敗残者だったわけだ。
(続)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1629位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。