スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プリティーリズム』

『プリティーリズム レインボーライブ』のDVDを借りて、観ている。なんという熱いアニメなんだろう。グルーヴを感じる。リズム以上にビートを感じる。こういうものを見せられると、深夜アニメだけで完結したアニメライフがなんと貧相なものであるか思い知らされる

『プリティーリズム オーロラドリーム』が東日本大震災の直後に始まったとき、「少しカレイドスターっぽいかな」とは思った。プリズムショー≒カレイドステージということだ。とくに2期『ディアマイフューチャー』の過剰なまでにスケールアップしたステージ演出からはそういう印象を受けた。

やはり物語展開にもそういうイメージを与える部分があるようで、「『オーロラドリーム』の「新プリズムクイーン誕生!」を観て、カレイドスターを思いだした」という意見を見たこともある。カレイドスターの背中が見えた、ということであろうか(?)。

とにもかくにも少女アニメの新しい展開であることは間違いなく、バンダイの『アイカツ!』との100年戦争もファンをたのしませた。わたしの界隈には、『プリティーリズム』シリーズを溺愛しているひとが多い。もちろん『アイカツ』派もいる。ただわたしの周囲にはマニアックなひとが多いので、おおむね朝/夕方アニメの全貌を楽しんでいるのである。にわかお断りだ・・・・・・。

このブログの第1回で『アイカツ』をいきなり取り上げたが、『プリティーリズム』も、『アイカツ』に勝るとも劣らないほど熱いアニメで、いや、『プリリズ』のほうがもしかしたら『アイカツ』より熱気をもって観ているかもしれない。映像も熱い。こちらの心構えも熱くなる。いい相乗効果だ。

とにもかくにも、少女アニメが熱すぎるのである。90年代に徹底的に少女アニメをバカにしていたときと比べたら隔世の感だ。すでに『レイアース』を観るのが恥ずかしすぎたという話をした。それ以外にも『セーラームーン』『夢のクレヨン王国』『おジャ魔女どれみ』といった佐藤順一作品に偏見をもっていたし、『カードキャプターさくら』に群がる萌え豚の走りみたいな連中を見下していた。それと比べたらずいぶん今のおれは悪く言えば軟弱、良く言えば柔軟になったことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1708位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。