スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンシューマーゲーム

2000年前後は、魅惑的な家庭用ゲームが多かったように思う。

プレイステーションは、
『ドラゴンクエストⅦ』
『ファイナルファンタジーⅧ・Ⅸ』
『ゼノギアス』
『ヴァルキリープロファイル』
『ブレイヴフェンサー武蔵伝』
『どきめきメモリアル2』
『クラッシュ・バンディクー3』
『クロノ・クロス』
『デジモンワールド』
『メタルギアソリッド』
『スーパーロボット大戦α・α外伝』
(これは、ほんの1例にすぎない)

ニンテンドウ64は、
『実況パワフルプロ野球6』
『スーパーロボット大戦64』
『ゴールデンアイ007』
『大乱闘スマッシュブラザーズ』
『ゼルダの伝説時のオカリナ・ムジュラの仮面』
『風来のシレン2』
『どうぶつの森』 etc。

またドリームキャストがこの時期発売され、
『ソニックアドベンチャー』
『ソウルキャリバー』
『シェンムー』
『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』
『サクラ大戦3』
『セガラリー2』
『ソニックアドベンチャー2』
『セガガガ』
末期には『斑鳩(いかるが)』・・・・・・ほかにもある。


携帯機は、ワンダースワンやゲームボーイカラーが発売されたのがこのころ。
GBでは、
『ポケットモンスター金・銀』というキラータイトルに加えて、
ポケモンの追随作的な位置づけだった
『ドラゴンクエストモンスターズ』『メダロット』『ロボットポンコッツ』、
また『トレード&バトル カードヒーロー』『パワプロクンポケット』
『ゼルダの伝説 夢を見る島DX』『風来のシレンGB』 などなど。
ワンダースワンは『グンペイ』のイメージ、規模こそ小さかったが、『デジモン』シリーズはじめバンダイ系の作品がさすが充実していた。



おれにとってもみんなにとっても家庭用ゲームが熱い時期は、1996年前後にもあった。

スーパーファミコンが、ハードの末期に傑作が続発する法則通り、
TVゲーム史上屈指の名作と名高い
『星のカービィスーパーデラックス』と『スーパーマリオRPG』をはじめ、
『スーパードンキーコング2』『ヨッシーアイランド』という双方たいへん思い出深いアクションゲーム、
サードパーティからは
『クロノ・トリガー』
『天地創造』
『テイルズオブファンタジア』
『天外魔境ZERO』
『ルドラの秘宝』
『不思議のダンジョン2 風来のシレン』
『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』
そして、『タクティクスオウガ』
といった、未だに語られるオリジナル名作RPG/SRPG、
『ロマンシング・サ・ガ3』
『聖剣伝説3』
といった人気RPGの続編タイトルや、
『ドラゴンクエストⅢ』のリメイク。
『実況パワフルプロ野球3』
『桃太郎電鉄シリーズ』
『スーパーボンバーマン3』
『ロックマン7』
『ロックマンXシリーズ』
といった定番、
キャラゲー路線では、
『ミニ四駆シャイニングスコーピオン』
『魔装機神RoE』
など、枚挙にいとまがなく、スーパーファミコンの話題だけでこのブログが終焉してしまうくらい充実していた。

もちろんN64、セガサターン、プレステ、3DOといったニューハード戦争が行われている真最中だったことは書いておかなくてはならない。





2000年前後には、『デジモンアドベンチャー』『デジモンアドベンチャー02』が流行っていた。
1996年前後には、『爆走兄弟レッツ&ゴー!』が流行っていた。
その時々で、これらの作品群におれもハマっていた。

もしかしたら、ゲームの盛り上がりと、アニメの盛り上がりは、個人の中でリンクするのかもしれない。

丁度自分のオタク性の原点というものを考えていたので、流行っていたゲームの名前を列挙したことが、示唆を与えてくれそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
1834位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。