スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アニメージュ」と「アニメディア」を読んでいたころ

11月は更新が滞ってしまった。
如何に11月に何もやっていなかったかということだと思う。
しかし、少しづつ前に進んでいく。

今回はアニメ雑誌の話をしたい。
いまの俺にとって、アニメ雑誌の「3強」といえば、「アニメージュ」「アニメディア」「ニュータイプ」だ。この認識は、中学校以来変わっていない。
しかし、「ニュータイプ」の存在を、小学生の頃、つゆも知らなかった。そんな雑誌があることも、もしかしたら「角川書店」という出版社があることすら認識していなかった。
小学生の頃、8歳くらいの俺にとって、「アニメージュ」「アニメディア」がアニメ雑誌の全てであって、アニメの情報を得るメディアはその2誌しかなかった。インターネットは発達していなかったから。

アニメ雑誌は8歳でも読める。
これは真理だ。絵をひたすら眺めていればいいのだから。アニメ絵をひたすら眺めればアニメ番組の情報は自然とインプットされるものだ。さすがに「アニメージュ」の文章の記事は小難しかったけれど、とくに「アニメディア」が好きで、とりわけ読者投稿コーナーの『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP』に関するイケナイ婦女子のかたがたの妄想文をわけもわからず読んでいた・・・・・・!
あの当時「アニメディア」は「アニメージュ」の100マン倍際どかった。

これは再三各所で話していることだが、テレビ東京系列のとくにハイティーン向けアニメは山陰地方で稀にしか放映されず、『バトルアスリーテス大運動会』『マスターモスキートン‘98』『セイバーマリオネットJ』『アキハバラ電脳組』こういった番組の情報を、ほんとうにアニメ雑誌で手に入れるしかなかった。
だから当時を経験した方がよく言われるように「アニメ雑誌と実際の放映の仕上がりにギャップがある」という事情が田舎住みの俺は掴めず、『ロスト・ユニバース』『アキハバラ電脳組』こういった番組の惨事を知ることが当時はかなわなかった。
それはともかくとしてまだ8歳の毛も生えていない俺が、山陰地方の山中で、しがみつくように町の公民館にあった「アニメージュ」や親が仕事場の近くの図書館から借りてきてくれた「アニメディア」を「耽読」していたわけだ。

そんなときからアニメ雑誌を「耽読」していた早熟な子供が、オタクにならないわけなど無いのだ。



それから。
「アニメージュ」の後ろの方には「パーフェクトデータ」というコーナーがあり、TVアニメスタッフの詳細なデータが網羅されていたのだが、俺は柱(欄外)のところのほんとうに重箱の隅をつつくようなネタが好きだった。
で、「パーフェクトデータ」の前には今月の番組紹介コーナーがあって、『剣風伝奇ベルセルク』『吸血鬼美夕』『レジェンド・オブ・バサラ』『下級生』といった深夜帯や地方局放映の番組もちょうど増えてきており、そういった番組を番組紹介コーナーで「だけ」知り、「どんな放送局なんだろう?」とか、「そんな時間にアニメを観るなんてどんな感じなんだろう?」とか妄想するのが趣味だった。
ひときわ『わんころべえ』の「放送局:MXテレビ」が異様だったわけだ。
スポンサーサイト
プロフィール

ばると(@barthes1980)

Author:ばると(@barthes1980)
僕に芸人根性を叩き込んでくれたのは「アニプレッション」組長のおはぎさんです。




自己紹介


アニプレッション


・このアニメが好きな人とは気が合う!

『カレイドスター』


『true tears』










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
6418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2314位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。